グレインフリーのキャットフードのメリット

投稿者: | 2017.01.29

グレインフリーのキャットフードが何故、いいか?というと、穀物は猫には必要ないからです。猫は、本来肉食で、肉以外の動物性たんぱく質のみで生きていけます。穀物が大量に含まれていると、栄養のバランスが崩れ、猫にとって不必要な脂質や糖質を摂取してしまうとうことになりかねないのです。

アメリカでは、猫以外の牛や豚などの家畜に穀物を与えていいのか?という議論が出ましたね。牛や豚をせまい小屋の中に閉じ込めて、家畜のように飼い、その中で穀物などの不必要な栄養素を与えて飼育している現状があります。

牛や豚は本来、緑があって自然豊かな環境でのびのびと育ってきたにも関わらず、大量生産(牛乳やチーズ、牛肉、豚肉など)のために、飼いやすく、管理しやすい小屋の中で飼育しているのです。このことは、穀物を与える以前の飼育方法の問題です。

穀物を与えるのは、餌のコストを下げるためです。アメリカでは、とうもろこしを大量に栽培している穀物ベルトと呼ばれる地域があり、穀物のとうもろこしが大量に余るのです。

牛や豚は、この穀物を過剰に摂取した健康状態が悪い個体になってきています。猫については、餌の中に含まれる穀物は、過剰ではないですが、猫は純粋に肉や魚などの動物性たんぱく質がとれれば、健康上問題ないわけで、穀物は体に悪いような仕組みになっているのです。